読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANDEM STEP

リターンライダーのユウウツ

ガバナースプリングの交換

R100RS メンテナンス

今日は朝から良い天気でした。走りに行った方も多いんだろうなぁ。

私はヨメが風邪をひいたらしいので、近所のコンビニで お弁当を買って、近場の自然公園にムスメとお出かけ。カメラ片手に里山散策してきました。

帰って来たら3時前。 ムスメがうつらうつらしはじめたのをねらって、作業開始。イグニッショントリガーのガバナースプリングとOリングが届いたので、早速交換する。イグニッショントリガーは本来非分解品なんだけど、スプリングはOEM品(?)が英国のMoto-binsで購入可能で、国内ではMHRさんがヤフオクに出品されている。今回は急ぎたかったのと、他にまとめて買う物もなかったのでヤフオクで購入。

f:id:y-tao:20161103185802j:image

こいつが問題のイグニッショントリガー、通称ビーン缶。肝心な分解方法は先人方がネットに公開されてるのでそちらに譲るとして、結構大変だというスプリングの掛け外しも、一番細い マイナスの精密ドライバーの先端を2mmくらい曲げて使うと、意外にすんなりいけた。

f:id:y-tao:20161103185904j:image

バラして部品を確認、まずはスプリング。右が取り外したもので、左が新しく買ったもの。バネ部分が明らかに伸びている。

f:id:y-tao:20161103190115j:image

ガバナーと接触する樹脂の部分も特に損傷は無し。左右で形状が違うのがちょっと気になるけど。

f:id:y-tao:20161103191616j:image

もとどおり組み立てて、バイクに組み付ける。イグニッショントリガーを外した時にマジックでマーキングした位置に仮止めし、エンジンをかけると、いきなりSマークの位置にどんピシャ。そこでアクセルを開けていくと3,000rpm超えたあたりでZマーク。近所を気にしながらさらに開けると、一瞬超える方向にちょっと動いたものの、すぐに元の位置に戻り固定。バッチリです。

薄暗くなってきてたので、近所を軽くグルッと一回り。まずアイドリングが750位まで下がった、にもかかわらず、アイドリングが安定しててメーターのハリがぶれない。振動も減っている。走り出すと2,000から3,000rpmまでなめらかにすっと回転が上がり、トルクも増した感じ。一速ギヤが高めでも、開けていくと粘って付いていく。暖気が不十分なんで3,500以上に回転を上げず、試乗をすぐに終了した。

知らない間に随分と調子をくずしてたんだんだろうなぁ。たかがバネが1mm弱伸びたくらいで、こんなに差が出るとはね。

今日は肩の調子もさほど悪くないし、本格的に寒くなる前に、もう一度どこかに走りに行きたいなぁ。