TANDEM STEP

リターンライダーちょい古バイクでアソブ。

梅雨明けでしょうか?〜オイル交換

予報に反して雨が降らず、かなり暑い週末でした。3連休ということもあって、ツーリングを楽しまれた方も多かったのでは?

私はと言えば、初日に家族と桃狩り&富士サファリパークに出かけ、ちょっと早い夏休み気分を満喫したのですが、2日目以降は家内が熱を出し(暑気あたり?)、私も全身に蕁麻疹が出たこともあり、バイクでのお出かけは自粛。空いた時間にメンテや工作をしていました。

その一つがオイル交換。以前に比べバイクに乗る機会も減り距離を走らなくなったので、私の場合、走行距離に関わらず季節の変わり目にはオイルを交換するようにしています。

オイルはここ数年、入手のしやすさと価格から、近所のホームセンターで購入したValvoline VR1 Racing 20W-50を、季節を問わず使っています。

ただ、最近じわじわと値段が上がってきているのと、夏場の走行後はちょっとメカノイズが大きくなったり、アイドリングが上がったりと、熱ダレっぽい傾向があるので、今夏は銘柄と粘度を変えてみました。

f:id:y-tao:20170719010127j:image

今回購入したのはBP classic 20W-60。以前、古い英車に乗っていた時に使用したことがありますが、バイクでは初めて。ちょっと硬めのオイルを試したかったので選択しました。そもそもうちの近所で20w-50や-60の鉱物油なんて、ほとんど選択肢がないんですけどね。今回は近所の4輪用品店で購入。同製品はネット情報では販売終了とのうわさもあり、R100で使うのは今回が最初で最後かもしれません。

f:id:y-tao:20170719010200j:image

2400㎞とちょっと早めに交換したオイルは、多少黒くなってはいますが、金属粉も見当たらず、特に問題はなさそうなのでまずは一安心。2缶空けたところでレベルゲージはMIN.とMAX.の間で3/4程度。オイル交換後、捨てプラグで失火させ、セルをちょっと回した後にエンジンをかけると、しばらくしてヘッド周りのノイズがかなり静かになりました。いい感じです。単純に新油だからなのか、それともこの銘柄の特性なのかはわかりませんが、これが持続してくれるといいのですが。あとは来週以降の実走行でのお楽しみ、ということで。時間が取れればですが…。