TANDEM STEP

週末限定、3時間ライダー。

オトナのツーリング

どうしても富士山が見たいリターンライダーAさんのために、富士山の周りをぐるりと1周まわるツーリングを企画しました。360度あらゆる方向から見れば、どこかで富士山が拝めれるんじゃないか、という安易な作戦。
近すぎると逆に見えないんじゃない?とか、実は私自身は前日の朝、道志みちを走ってる最中富士山が見えたことは秘密と言うことで。さてさて…。

日曜の朝、起床して外を見るとあいにく曇ってはいるものの雨は降ってません、天気予報でも自宅付近は夕方まで持ちそうです。にもかかわらず、手早く用意をすませて走り出した途端にポツポツと雨。このタイミングだとAさんは既に集合場所に向かってるはずなので引き返すこともできず、とりあえず私も集合場所へ向かいます。

Aさんと最寄りの道の駅で落ち合い、缶コーヒーで一服する間に雨は上がりました。ただし天気予報によると山梨方面は無理そうです。そこで夕方まで天気が持ちそうな秩父方面に行き先を変更することにしました。いきなり作戦断念です。

新ルートはこちら。まず奥多摩に向かい、大菩薩峠を超えて甲府側に抜けた後、R140で折り返して雁坂トンネルを抜け、グルリと回って帰ってくるコース、距離は約260km。

奥多摩大菩薩峠の気温は20℃ちょっと、バイクや車もほとんど走っていません。甲府側に下るに従ってグッと気温も上がり空も明るくなりましたが、R140を雁坂トンネル方面に折り返すとまた空模様は怪しくなってきます。

途中、雁坂トンネルの手前で立ち寄った道の駅三富の展示コーナー。TWって1987年には販売されていたんですね。1400万円!の極寒仕様です。この前後数年はレーサーレプリカ全盛でしたっけ。今の時代だと想像がつかないけど、あの頃のバイク業界と取り巻く環境には熱がありました。

その後ダム湖沿いの集落を受け、以前から気になっていた三峯神社に到着。到着した頃は霧雨でしたが、逆に神秘性がましているような気もします。関東でも有数のパワースポットなんだとか。


三峯神社は狼信仰があるらしく、狛犬の代わりに狼が鎮座しています、この神社のお守りは愛犬家にも人気があるそうです

樹齢800年の杉の古木からパワーを頂いたら、次は昼食。三峰神社を下ったところにある大滝食堂でバイク弁当にしました。バイクのタンクを模した弁当箱に、ちょっと濃いめの味噌の味付けの豚唐揚げ弁当、ノーマル1000円。

慌ててがっついた後に写真を撮るのを思い出し、蓋をしてパチリ。中身をお見せできなくて残念です。
次いで、すぐそばの道の駅大滝に併設の温泉に入りマッタリ。

学生の頃、バイクであちらこちら引っ張り回してもらった先輩方の影響で、ツーリングと言えばワインディングと3桁国道(通称"酷道")を、朝から晩までひたすら走りつなぐといった感じで、今から考えると実にストイックなツーリングでした。観光地や温泉、美味しい食事を散りばめたツーリングを、やっかみ半分でオトナのツーリングと呼んでましたが、全く無縁でした。
今でもソロで走るときは、走り出すと止まるのがめんどくさいので相変わらずですが、最近Aさんと遊んでもらうようになって、まったりと過ごすツーリングも増えてきました。これはこれでアリかな。何より一日中走り回るのは、体力が続かなくなってきました。そもそも日帰りツーリング自体、ほとんど行ってないか…。

あとは秩父を抜け、山中を53号線で青梅へ。

途中名栗湖で小休憩。良くお邪魔するブログ主が、ここの写真をよく載せているので気になっていました。
帰り着くと5時ちょっと前、空は所々雲が切れ合間から青空が見えました。なんとか雨には降られずにすんだかな。逆に涼しくて良かったかも。秩父でちょっと渋滞にハマりましたが、あとは車も少なく、概ね快適なツーリングでした。

トラッカースペシャル

いつものように朝方走りに出かけました。近所の高速にアクセスする道路も、道志みちも混み合い始めてました。いよいよ夏休みだなぁ。
7時には気温もかなり上がり、ゆっくり走る車の後ろを走るのが苦痛に感じます。つま先からスネにかけて、久々に熱気を感じました。暑いっ…。

帰宅後、庭の芝刈りをして、昨日届いた熱帯密林からの荷物を開梱しました。
ハリケーンのトラッカースペシャル、ブリッジ付き(写真手前)。

これ迄つけていたのは、国産オフ車の中古品を格安で買い、缶ぺで黒く塗ったモノ(写真奥)。格好は良いんだけど、幅が広く絞りが少ないせいで、どうもハンドルが遠いのです。幅はこの程度で良いので、もう少し高く絞りの大きいモノを探していました。取り付けた様子はこんな感じ。

幅が810mmから785mmへと少し狭くなり、ハイトは70mmから95mmへとおよそハンドル一本分高くなりました。絞りも若干増え、ハンドルが少し寝たので、結果的にハンドルが高く手前に来ることになります。

あ、グリップエンドをつけ忘れてる。

跨った感じは数値以上に高く手間に来たようです。どんどんスポーティなポジションから楽チンなポジションになって行きます。まぁ、良いでしょ。見てくれより快適さです。年が年だけにね。


明日はツーリングに行く予定ですが、どうも天候が思わしくない様子。同行者がねぇ…。まぇ、暑いよりはいいですが、雨だけはヤだなぁ。

富士山を見に行こう

日曜日の早朝、目覚ましをかけたにもかかわらず、体が重くてなかなか起き出せない。30分ほどうだうだした挙句、何とか起き出し、手早く準備して出発。
特に行き先も決めず走り出したものの、オレンジががった景色や涼しい風にあたって気分も上がり、いつもよりちょっと足を延ばして富士山を見に行くことに決定。

天気は良いのに今回もまた姿は見えませんでした。

来週はいよいよ夏期休暇、帰省などまたバタバタしますが、何とか時間を見つけて走りに行きたいものです。梅雨明けが早かった分なんか今年の夏は長いような気がするなぁ。

ファミキャン

金曜にお休みがもらえたので、家族の体調不良で延期になったキャンプに行って来ました。一人で思う存分遊ぶには、先ずは家族サービス、その逆はあり得無いでしょう(汗);;
場所は前回も家族で行った道志の森キャンプ場。夏休みだけあって金曜だというのに、昼前に到着した時にはすでにサイトはかなり埋まっていて、かなり賑わってました。真ん中に大きなプールがあり、この季節は子供連れに人気がある様です。

テントとタープを設営し簡単な昼ごはん、そして子供とプールで遊んで晩御飯の準備。時間は飛ぶ様に過ぎて行き、あっという間に日没です。そして家族が寝た10時過ぎがやっと自分の時間。

川沿いのサイトを選んだので、川のせせらぎを聞きながら焚き火を眺めてぼーっと過ごします。
自宅はクーラー無しだと暑くて寝苦しいのですが、キャンプ地では最低気温が20度を切るくらい。長袖のTシャツ+焚き火+アルコールを少々でちょうどいい感じです。
今回、焚き火台を購入しました。ソロではネイチャーストーブを使っているのですが、ファミキャンではもう少し大きい方が良いかなと思い選択。残念ながら本家のものでは無くてBundok製です。足が分割できて収納サイズがコンパクトになるので選択しました。
12時過ぎ、薪が燃え尽きる頃には準備したお酒も尽きたので、テントに潜り込んで就寝。
次回はもう少し静かになった秋口にまた来ようかな。

オーバーフロー対策

左側のキャブで発生したオーバーフロー対策です。
実は先週の早朝、奥多摩方面に走りに行った時も、奥多摩湖畔でわずかですがオーバーフローを起こしていました。その後止まったのでゴミでも噛んだかと思っていましたが、そもそも5月にも同じ側のキャブがオーバーフローを起こしています。この時はばらしてもニードルバルブにも傷はないし、穴という穴にパーツクリーナーを吹き込むことで改善しました。やっぱりなんか問題がありそうです。

実は、先週オーバーフローを起こした後、念のためニードルバルブの新品(純正品)をネット通販で購入しました。
VM36のニードルバルブはよくある先端にゴムが付いたタイプでないため、アッセンブリー交換になります。少々お高く、紙製のガスケット2枚と合わせると送料込みで5千円弱。新品で1万円ちょっとのキャブ(米国からの調達)でこの値段は腑に落ちないですが、まぁ仕方ないです。
キャブをばらしてみると、相変わらずきれいで、ごみや傷もみあたらず、油面も規定通りでした。フロートに引っかかりもなさそうです。部品点数も少ないし、構造も簡単そうなのにね。原因がよくわからず手の打ちようもないので、とりあえずパーツクリーナーで洗浄し、ニードルバルブをアッシーで新品に交換しておきました。

組みなおしたところ、とりあえずオーバーフローは止まりました。翌日、140㎞程走ったのですが、特に再発していないようなのでしばらくこのまま様子を見ます。でも、なんか根本的なところに問題があるような気もするなぁ。暑くて気化したガスで内圧が高まったとか、キャブが斜めについているのでオーバーフローしやすいとか…。

こちらはおまけ、ついでにバッグサポートを付けてみました。サイドバッグの巻き込み防止用です。

なるべく余計なものはつけたくないのですが、来るべきキャンプ用に備えて装備して見ました。キャンプも行く行く詐欺状態ですが、なかなか時間が取れないです。まずは家族の体調不良で先週中止にしたファミリーキャンプの方が先かな。
もたもたしてたらお盆になってしまいそうです。

オーバーフローと熱中症

余りにも暑いので、土曜に富士山に涼みに行こうと職場の先輩A氏を誘ったところ、用事があるんで半日ツーリングで温泉に行きたいとのこと。そこで近場の山中をひとしきり走った後、道志みち沿いの温泉に行くことにしました。
早朝の山中は涼しくて良いですね。山中を都留に抜け、24号線で道志村に引き返して道の駅道志に着いたのが8時前。この時間だと温泉の営業時間まで2時間以上あるので、せっかくなので道志みちをそのまま進み山中湖へ富士山を見に行くことにしました。

こんなに天気が良いにも関わらず、見事に富士山は雲に覆われています。
聞くとAさん、出張でもプライベートでも、いつも天気が悪くてもう何年も富士山を見てないとのこと。Aさんとはこれまで2回ツーリングに 行きましたが、一回は朝方まで雨が残った上、6月中旬にも関わらず激寒。もう一回は天気予報では晴れだったにも関わらず、途中雨に降られました。どうもこの人雨男の匂いがプンプンします。そしてここで一回目のトラブル。

バイクに戻ってくると左側のキャブがおもらししていました。その後断続的にO/Fする様に…

目的地の温泉、以前から横を通るたび気になってました。開店ちょっと前に到着。
木漏れ日の中で浸かる露店風呂に、内湯にあった38℃のぬる湯が気持ち良く、結局1時間くらいお風呂に入ってました。これがこの後ダメージに…

その後、蕎麦屋に移動。昼飯を食べて解散のつもりが、道志みちの狭いところで観光バスを先頭に大渋滞。炎天下に足元のエンジンの熱気、あと長風呂で軽い脱水症状を起こしてたんでしょうか。トロトロ進むバイクの上で、頭がズキズキ痛み、手足がジンジン痺れた様になり、最後には立ちくらみの様な症状。
これはヤバイ、と思ったところで何とか蕎麦屋に到着。しばらく待たされましたが、冷房の効いた店内で冷たいお茶を飲み、何とか復活しました。相当ヤバかった。

こちらの蕎麦屋も、以前から気にはなってました。11時半開店で、蕎麦がなくなり次第閉店とのこと。聞くと週末は2時くらいには終わってしまうそうなので興味のある方はご注意下さい。

2時前には無事帰り着きましたが、バス渋滞では本当にヤバかった。Aさんはちゃんとお茶を持参していました。確かにお風呂から出た時に喉が渇いたな、とは思ったんだけど、蕎麦屋はすぐそこだから、と思って水分補強しなかったんですね。
暑い日はまだまだ続きますが、皆さんもこまめに水分補強してツーリングを楽しんでくださいませ。

週末限定、3時間ライダー。

ここのところバイクに乗ってないか?というと、そういうわけでもなく、もっぱら週末の早朝に走りに行ってます。というと、どこかの峠に攻めに行ってんの?と思われそうですが、そんな気力も体力も(+実力も)なく、近場をトコトコ走ってます。
大体朝の6時から9時まで3時間程度。休憩したり、時にはキャブの同調取ったり、そんなことも含めて、走って100km前後くらいでしょうか。よくツーリングに出かける人からすると、そんなのバイクに乗ったうちにはいんねぇよ、って言われそうですが。

私の友人には、年数回レンタルバイクを借りて、どかーっとロングツーリングに出かけるヤツがいますが、私にはそれができないんですね。チョットでも間が空くとバイクに乗るのが怖くなって楽しめなくなってしまう。しばらくバイクに乗らない時期が続いて、6,7年ぶりくらいしてリターンした時は、いつも走り出しは怖くて緊張してました。リラックスして自然に乗れるまで1,2年かかったでしょうか。今でもロングツーリングに出かけるときは、高速の最初のSA過ぎるくらいまではちょっと緊張して、特に寒い時期なんか歯を食いしばってたりします。
それでなくても年々体力が落ちていくのを実感するこの頃、今度バイクから離れると、もう乗れなくなってしまうんじゃないか?などと思ったりもして、週末ほんのちょっとでも乗りに行くのは、私なりに長く、楽しく乗り続ける為でもあるのかな、などと思ったりもします。

先週末の猛暑の3連休、後半2日もやっぱり早朝に走りに行きました。しかもあまりにも天気が良いんで、ちょっと早めの朝5時過ぎに家を出て、日曜は奥多摩湖方面に150kmくらい、翌日は道志や宮ヶ瀬の辺りをぐるぐると100kmちょっと。朝早いにもかかわらず思った以上にバイクがたくさん走ってました。まぁ、これだけ暑いと朝方涼しいうちに気持ち良く走りたいもので、皆考える事は同じでしょうか。

奥多摩湖で見かけたR100R100はこの時期のこの形が一番カッコ良いかも。邪道まっしぐらの私が言うのもナンですが。一緒のエストレアも良い感じ。

道の駅小菅にはまだ紫陽花が残っていました。

2日目朝7時の道の駅道志、朝早いにも関わらず賑わっています。

さて、今週末もそろそろ出かけるとしましょうか。