TANDEM STEP

梅雨が明けいよいよ夏休み。でもコロナがまだまだ気になります。

スーパーカブ(AA01)ボアアップ その3 〜中華キャブへの交換

じわじわーっとコロナが拡大していますね。今年の夏休みは自粛だなぁ。近場でゆっくりします。

さて、本題です。中華キャブと一口に言っても、ケイヒンミクニキャブの完全互換品といってよいものから全く使い物にならないものまで、ピンキリみたいですね。私もこれまでいくつか中華キャブを使ってきましたが、問題点をいくつか挙げてみます。

 ①内部のつくりが全くオリジナルと異なる。
 ②バリなどがひどく、作りが粗い
 ③ジェット類の内部パーツが、オリジナルと全く異なるため、入手困難でセッティングができない。
 ④ジェット類はオリジナルと互換だが、刻印が無いため何番相当かわからない。
 ⑤パッキン類の材質が悪く(耐ガソリン性に乏しい)、使用しているうちに膨張してオーバーフローの原因となる。

④、⑤くらいなら、まだ使い物になりますが、①~③はちょっと厳しいですね。

さて今回、カブ用に購入した格安PB16互換品はどうでしょうか?

f:id:y-tao:20200806211512j:image

左側が今回購入したPB16互換品(PZ19)、価格は2200円。右側がカブ50のノーマルキャブです。マニホールドはクリッピングポイント製で、キャブ本体の2倍くらいの価格ですっw。

本体にはしっかりケイヒンの刻印があり(笑)、見た目の作りもきれいです。

口径の違いは別として、相違点は燃料コックが一口なのと、キャブ用ヒーターが省略されていること、あとチョークレバーが手元仕様になっているくらいでしょうか。燃料コックは50のものが移植できました。チョークも見た感じ移植できそうですが、うかつにばらすと壊してしまいそうだったので、今回は手元のチョーク仕様で行きます。

キャブの中身もけっこうまともそうでした。メインやパイロットなどのジェット類は、ケイヒンのジェット類がそのまま使えますが、あらかじめ付いているジェット類は例によって全て刻印無しです。ただ今回は購入時の説明にジェットの番手が明記されていたので良しとします。

f:id:y-tao:20200806211614j:image

50のキャブと比べるとスロットルバルブの径がかなり違います。ニードルは刻印なしでした。50のオリジナルと長さが全然違うので、流用は無理そうです。今回は刻印なしをそのまま使います。

メインジェットとパイロットジェットの番手は、ネットで同仕様にボアアップした事例を探すと、MJは概ね#85~#90、PJは#38のケースが多い様です。とりあえずMJは濃いめの#90、PJは#38から試すことにしました。

f:id:y-tao:20200806212249j:image

早速キャブを組み付けて、R100からハイオクガソリンを抜いて入れます。キタコのボアアップキットはノーマルヘッド流用の仕様でも、ハイオク指定です。あとプラグも念のため熱価を1番上げた新品「CR7HSA」を入れました。

最初電源を入れずに数回軽くキック。その後イグニッションキーをonにし、ドキドキしながらキックすると、2発目であっさりエンジンがかかりました。と思ったら、エンジンのアイドリングがぐんぐん上がり、3000~4000rpmくらいになったので、慌ててキーを切り各部を点検します。スロットルバルブが引っかかっている様子もなく、ケーブルの取り回しも問題なさそうです。

もう一度、キックしてスタートしてもやはりアイドリングが高いので、アイドリング調節ネジを回しても変化なし。

エンジンを切ってもう一度、キャブの取り付けとケーブルの取り回しをよく確認すると、どうもケーブル長が足りずにスロットルバルブがおりきってないようでした。スロットルを開けて全開になるかは確認してましたが、全閉になるかはよく見ていませんでした。

もう一度ケーブルを確認すると、スロットルのちょっと下辺りでケーブル長が調節可能で、一番長い状態からちょっと戻したあたりが遊びも含めて丁度でした。余分な出費を免れて良かった…。

f:id:y-tao:20200806212515j:image

次にタコメーターの取り付け。慣らし走行とキャブのセッティングにタコメーターは必須です。以前、1000円ちょっとで購入して眠っていたデジタルタコメーターを引っ張り出して取り付けました。電池式なので余分な配線がいらないのと、センサーをプラグケーブルに巻き付けるだけでOKなので実に取り付けが簡単です。おまけに安い。メーター横にマジックテープで貼り付けました。

アイドリングが調整可能になったところで、走行前にとりあえずスローだけ合わせておきます。

暖機した後、アイドリングを2500まで上げて、エアスクリューを締め込みます。全閉にするとエンジンが止まりますので…止まらんやんけ!

スローが合ってない?念のため、もう少し強めに締め込んでみると、ひっかりがあったようでさらに半回転以上締め込むことができました。

さすがは中華キャブ、最後にトラップを仕掛けてくれました。

エアスクリューを完全に締め込むと、今度はエンジンが止まりかけるので、そこからじわーっとスクリューを開けていき、一番回転数が高いところからちょっと戻し、最後にアイドリングを1800rpmに合わせてセッティング終了。エアスクリューが途中ひっかかるのがきになりますが、戻し数は規定の範囲内なので、とりあえずスローの番手は#38で行けそうです。しばらくそのまま暖機しました。アイドリングがイマイチ安定しないなぁ。

次はいよいよ慣らし運転ですね。

 

 

 

スーパーカブ (AA01)ボアアップ その2

梅雨明け間際、いよいよボアアップにかかります。例によって写真の点数が少ないのでマキでいきますね。素人作業なので変なところがあっても笑ってスルーしてください。

f:id:y-tao:20200804054857j:image

天気予報では急速に回復してその後梅雨明けの模様。朝方地面は湿っていたので古いブルーシートを敷いて作業開始です。エンジン位置が低いので、膝ついたり寝そべっても平気です。あとネジなど落としても回収が楽です。

f:id:y-tao:20200804055021j:image

タンクからガソリンを抜いた後、マフラーを外し、次いでジャマなキャブとエアクリーナーボックスの下半分を取り外します。

露出したシンリンダーを見るとポートが小さい!相当絞り込んでますね。フライホイールが回ってT字がぴったり合わないので、割り箸をあてがうとピタッと止まりました。

f:id:y-tao:20200804061943j:image

カバーを外してフライホイールを露出させ圧縮上死点に合わせます。カムスプロケの合わせマーク(写真ないけど)、フライホイールのT字を規定の位置に合わせて、タペットアジャスター(ロッカーアーム)をフリーにします。
f:id:y-tao:20200804055726j:image

ヘッドの取り付けボルトを5箇所外してヘッドを取り外します。固着してたのでプラハンで軽くこずきました。カムチェーンは中に落ち込まないようにフックを重し代わりにかけときます。次いでシリンダーも外してピストンを交換。

f:id:y-tao:20200804055730j:image

ピストンは前日の夜にピストンリングと片側のサークリップを付けておきました。大型車(R100)に比べるとシリンダー径が小さくリングもあっさり入ったのですが、サークリップが小さくてなかなか入らなくて苦労しました。

こりゃピストンの取り付けも苦労するなぁ、と思ってたら案の定相当苦労しました。ブルーシート敷いててよかった…。

余りに嵌められないので一旦手を休めて、ネットで動画をいくつか確認。その後はあっさりと取り付けできました。とは言えも一回やって上手く行くかと言えばどうだろ。

取り付けたピストンを外したものと比べると相当大きさに差があります。排気量にして1.7倍。

f:id:y-tao:20200804055741j:image

ついでにハイカムも取り付けます。キタコのカムはKマークが上向きになるように取り付けると丁度圧縮上死点になるように取り付けできます。

カムは、タペットアジャスターをフリーにし、カムスプロケのボルトを軽く嵌めて取手にして引き出すとあっさりと抜けます。特殊な工具は必要ありません。こんなにあっさり抜けていいの?
f:id:y-tao:20200804055733j:image

完成!(写真の点数がないので相当省略)シリンダーがやけに綺麗で浮いてます。

f:id:y-tao:20200804055816j:image

最後に貰い物のタペットアジャスターでタペットクリアランスを調整します。

このアジャスター、おそらくストレート製なのですが、えらくゴツいなぁと思っていたけど、使ってみるとこのゴツさと重さが良いんですね。調整をしたことない人には何のことかわからないと思いますが、最後にナットを締め込むところで共回りしにくくて狙ったところで合わせやすいです。とは言え、何回かやりなおしましたけど。

 

あとはキャブやマフラーなどの吸排気系を取り付けたら終わりなのですが、今回はキャブも交換するのでページを改めます。

 

 

スーパーカブ(AA01)ボアアップ その1(部品調達)

今年の梅雨は長く続きますね。せっかくの4連休も台無し、下手したら今週末も雨になりそうです。作業も進まないし、走りに行くこともできません。雨の合間にゲリラ的に作業を進め。雨が降ったらネットを徘徊して、カブ関係の情報を読み漁ってました。

 

カブは息が長いモデルだけあって、社外品のパーツはふんだんにあるし、排気量の拡大についても登録などはかなりユルいようで、手続きさえきちんとすれば違法改造とはならないようです(私のカブは既に見掛け倒しの黄色ナンバーですが)。

カブみたいな実用車だと、おそらくメーカーは多少手荒く扱っても壊れないように作っていると思うので、素人がエンジンに手を入れるのは多少抵抗があります。何をするにせよ自己責任といったところでしょうか。ボアアップ後500㎞で壊れるか、それとも1万㎞もつか‥、ブログの数だけ評価は様々ですが、それなりにお金かける訳なので、できれば後者でありたいものです(誰だって500㎞で壊れることは望んでないとは思うけど)。

f:id:y-tao:20200730021711j:image

ボアアップ自体はバイクを貰ってきたその日に(正確には50㏄を買うって決めた時に)決めました。あとはどの部品を調達するか。

調べると名の知れた国内部品メーカーから海外製(中国、台湾製)まで、各社ボアアップキットが出ていて、値段もピンキリです。私の場合そんなにとんがったものにしたくないので、シリンダーヘッド、マフラーはとりあえずノーマル流用で、そこそこ名の知れたメーカー製(私でも知ってるくらいの)で物色した結果、最終的にお手頃価格のキタコ ライトボアアップキット(85㏄)に決めました。

最後まで75㏄にするか85㏄(88㏄)にするかで悩みましたが、某密林だと85㏄の方がなぜか値段が2000円安かったので、85㏄にして差額をキャブに充てることにしました。

f:id:y-tao:20200730021049j:image

ついでに同社のハイカムを調達。これは予定外で、値段が7000円を切るくらいだったのでびっくりして思わず購入。ハイカムなんて2、3万円はするかと思ってましたので。

最終的に調達した部品は以下の通り

 ・シリンダー&ピストン:キタコ ライトボアアップキット85㏄

 ・ハイカム:キタコ ノーマルヘッド用ハイカ

 ・スプロケット(F):キタコ 15T

 ・マニホールド:クリッピングポイント社製 PB16用

 ・キャブレター:ノーブランド PB16互換品(PZ19)

以上5点で24,000円ちょっと。ハイカムとキャブの交換は当初考えていなかったのですが、ボーナスが入った後だったので気が大きくなってました。あとで3万円だしたら中華製の125㏄エンジンが買えるらしいことに気づいて、ちょっと心が揺れていたりします。いつか手を出してしまいそう…。ちなみにコロナの特定給付金は、全額家内に献上しましたよ。あちこち老朽化が進む家電たちに化けるみたい。

 

スプロケは最初16Tを買ったのですが、リヤのスプロケ40T だとチェーンが届きそうになかったので、あとで買いなおしました。

チェーンとリヤスプロケは全オーナーが買い替えたばかりと聞いているので、このタイミングで交換するのはもったいなくて。しばらく走って様子をみます。いずれ16Tを使うこともあるでしょう。

f:id:y-tao:20200730022848j:image

ビッグキャブといえばケイヒンのPC20が一般的なようですが、ノーマルのエアクリーナーボックスをそのまま使いたかったので、PB16(PZ19)にしました。カブ50はかなりポート径を絞り込んでいるので、マニホールドは汎用品が使えず、クリッピングポイント社製のカブ50専用品を購入しました。同社からはキャブ(PB16)込みのキットが出てるのですが、ネット情報ではパイロットジェットが固定だとの書き込みがあったので、あえてキャブは汎用品を買いました。今回買ったキャブが2000円ちょっととあまりにも安かったので、いつもの悪い癖(怖いもの見たさ)で手を出したってのもあります。

f:id:y-tao:20200730021235j:image

以上の構成であと気になる点は、オイルポンプと強化クラッチ。メーカーによると、ノーマルヘッド流用の仕様では、これらの交換は必須ではなく、推奨となっています。私はそんなにぶんぶん回すつもりはないですが、ネット情報では、ハイカムまで入れるなら熱的に苦しいのでオイルポンプは変えた方がいいんじない?といった意見が優勢でしょうか。とりあえずボアアップして、クラッチが厳しい様だったら、オイルポンプも併せて交換しようと思います。前オーナーがお店でクラッチをO/Hしたばかりだと聞いていたのが、ためらう原因となってます。どうせ変えるならオイルポンプ、クラッチと一気に交換したいですしね。

f:id:y-tao:20200730023331j:image

というわけで部品はそろいました。あとは組み込むだけ。

BMW R100のエンジンはカブのエンジンをそのまま大きくして2気筒にしたみたい」と、誰か言ってたような気がします(カムの位置と伝達方式がちょっと違いますが)。何度かR100の腰上はばらしたことがあるので、多分技術的には大丈夫だと思うのですが、私の場合、たいてい何かやらかしていじり壊してしまうんですね。

今回はうまく行きます様に。

 

スーパーカブ で朝のお散歩

今年の梅雨は例年よりも長いそうです。早くカラッと開けて欲しいもんですね。

開けたら開けたで暑くてたまらないのでしょうが。

日曜は朝方路面が湿ってましたが、天気予報では午後にかけて回復傾向。これは出掛けるしか無いでしょう、ということで、カブでいつもの散歩道をぐるっと回ってきました。

f:id:y-tao:20200720232450j:image

朝早く出たので2輪にも4輪にもほとんど出会わず、周りを気にせず成り行きで走れました。メーターを確認すると40kmそこそこ。ハハハ。

スピードと引き換えに、雨上がりの草木の匂いや湿った土の匂い、たまにはこんなのもありでしょう。

非力なのは仕方ないとして、ギャップを拾うたびに前後にフワフワ。コーナーでも頼りなくフラフラするので、コーナーに入るところではリヤブレーキを軽く引きずって走ってました。

リヤサスはダンパーが抜けているどころか、そもそもダンパーがついてないとの情報もあり、リヤサスもリプレイス品を手に入れたいところです。欲しいものリストが毎日積み上がって行きます。

f:id:y-tao:20200720232415j:image

ナンバープレート下に三角マークを追加しました。ステッカーチューンってヤツ?

これで馬力が上積みされれば良いのにね。

仕方ないので、あれこれ部品を買い揃えました。

f:id:y-tao:20200720234832j:image

詳しい話は次回にでも。

友あり遠方より…。

仕事が終わり帰宅すると玄関先にレターパックが一つ。

ここのところ立て続けに部品を発注してたのだけど、未着のものは無いはず。手に取ると懐かしい名前が。

f:id:y-tao:20200720222617j:image

早速開けて見ると中身は使い込んだ工具のセット。

相変わらず絶妙なタイミングで燃料を焚べてくれるぜ。

 

早速使わせてもらいます。

ありがとうございます。

カブを引き取ってきた時の話〜USB電源の取付

これまで何台もバイクを乗り継いできましたが、考えてみたら原付(50㏄以下)を保有するのは初めてでした。

千葉で車体を受け取り、郊外を40〜50㎞/h平均で流す間は、いつもとスピード感が違うので、新しいバイクを手に入れた高揚感もあって、目から入ってくる街の様子なども情報量が多く非常に新鮮でした。これもありだな、面白い。

それが、皇居と国会議事堂の脇を抜けR20に入ったあたりから急に混み始め、府中の辺りで数十m走っては止まり、再発進をくり返すようになって、原付の非力さが身にしみました。車の流れに乗れない!

30km規制に合わせたカブの特性なのかも知れませんが、1、2速が超ショートで、引っ張ろうにもすぐ吹けきり、十分にスピードに乗れないまま後続車に煽られ、3速でさぁこれから引っ張るぞというところで先行車がストップ。路側で後続車を常に気にし、道を譲りながらストップアンドゴーを繰り返す。最近、通勤中に見かけるスクーターやカブがみんなピンク色のナンバーなことに納得しました。

かと言って、ギヤ比をもっとロングに振っても、トルクがなくて走らないんだろうなぁ。

千葉から自宅まで70kmちょっと、大型バイクなら早朝にちょっと散歩に出掛ける距離ですが、途中渋滞に巻き込まれたこともあり、昼食の時間も入れて4時間近くかかってしまいました。まぁ、否定的なことばかり書きましたが、ちょっとしたツーリング気分で楽しかったんですけどね。

ただ、これで雨に降られていたら、気分は最悪だったかも。

自宅に帰り着き一息ついた後、USB電源を取り付けました。随分前に1000円を切る値段に釣られて買ったものの、「ちゃちぃ」ので取り付けることもなく放置してたものです。

ネットで調べるとウィンカーリレーから分岐させるのが定番のようです。本体をエアクリーナーボックスの上にタイラップで止め、メインハーネスに沿って線を這わせ、バッテリーケースの横から右横の電装系まで線を引っ張ってきます。

f:id:y-tao:20200717013624j:image

本体はココね。

f:id:y-tao:20200717010847j:image

バッテリーケースは2本のネジで止まっているので、ネジを外し、バッテリーを引っ張り出します。

f:id:y-tao:20200717013039j:image

ウィンカーリレーに行ってる(+)電源の黒い線を2極のギボシで分岐させて、ここにUSB電源の赤い線を繋ぎ、USB電源の黒色のアース線はM 6の端子をつけてレギュレータの取り付けネジに落としました。小容量のヒューズが無かったのでつけませんでしたが、今度適当な小容量のヒューズケースを買ってきて、プラスの線に割り込ませよう。

USBのジャック本体は、取り敢えずレッグシールド内側のこの位置に取付ました。

f:id:y-tao:20200717011847j:image

線の取り回しが煩わしいので、今度レッグシールドの取付ネジの横に穴を開けてグロメットをかまして線を取り出そうかと思います。このUSB電源の値段以外の取り柄がスイッチ。使わない時はここでオフにできるので、余分な電気を食わなくて済むのではないかと思います。

取り敢えずエンジンかけて携帯繋いだら充電できたので、次回実走テストします。

今後は前後に大きめのキャリアをつけて旅仕様にしようかと思ってたのですが、あまりにもの非力ぶりにちょっと方針変更の予定。そんなにスピードはでなくていいんで、最高速は10kmましの70kmくらいで抑えて、その代わりに下のトルクを増やして、もうちょいロングで1、2速を使えるようにしたいなぁ。排気量の上乗せは不可避か?

あぁ、底無し沼にズブズブとハマっていく予感…。

スーパーカブ 始めました

先週末の事、先に書類を送ってもらいナンバーを取得したカブを引取りに行ってきました。もっと身動き取れてた頃は、トランポに乗って旅行気分で関西から東京や山陰とアチコチバイクを引き取りに行ったもんですが、今は載せる車もないし、時間もあまり自由が効きません。そのため買うバイクの選択肢にもかなり制限がかかり、予算もちょこっとオーバーしました。

当日、天気予報では朝から夕方まで雨だったのですが(実際、ヘルメット片手に自宅を出た時は雨だったのですが)引き取り先の千葉県某所に着いた時には雨も止み、その後雨に降られることなく、無事家にたどり着くことができました。

さて持ち帰ったバイクがこちら。

f:id:y-tao:20200714015341j:image
f:id:y-tao:20200714015337j:image

このバイク、2005年式のスーパーカブ50(AA01)です。本当はカブ90が欲しかったのですが、相場が高い上、引き取りに行ける距離のものがなかなか見つかりませんでした。その後バーディー 80、90、メイト90まで広げて探していたところ、上のバイクが目に入りました。

中身は確か48ccですが、書類上は52ccの2種登録で黄色ナンバーです。距離はそこそこいってるけどオーナーさんがまめに手を入れてることが説明文から肯えたので決めました。正直カブなんて排気量はあってないようなもんだし、初めは少々程度が悪くても、乗って帰れさえすれば後はレストア気分で手を入れる覚悟でしたが、このバイクはほとんど手をいれる必要はなさそうです。

f:id:y-tao:20200714022346j:image

走ったことのない都心を抜けるのが不安で、急遽安いスマホホルダーを入手して現地で取り付けました。途中電源が切れかけて、ポケットのバッテリーから充電ケーブルを伸ばして急場を凌ぎましたが、USB電源はいまの時代いりますね。

 

さて、「なんで原付買ったの?」ですが、きっかけはしばらく前、R100のキャブセッティングをしに山の中を走っていると、カブとメイトの二人連れが荷物満載でトロトロ走ってたんですね。これからキャンプに行くところだったのでしょうが、R100をシングルシートに戻し、これからキャンプツー行く時に積載はどうしよう?って考えてた時だったので、あぁ、こんな楽しみ方もあるのね、と思った後は、急にビジネスバイクに興味が出てきました。その後、カブを買うために自分を納得させる理由を後付けでいっぱい考えたのですが、結局は欲しいと一回思っちゃったら、止まんなくなってしまったというところでしょうか。

 

家に辿り着いた後のこと。実は今回、原付を買うことは家内に言ってなくて、ほぼ事後承諾でした。「原付欲しいなぁ」くらい言ってたかな?

当日もちょっと気になるバイクがあるんで見てくると言い残して家を出ました。

玄関先にちょこっと居座る青色のバイクを見て、家内はかなりのご立腹。当然ですね。

「なんで原付なんか買ったの?一言あってもいいじゃない?」などなど厳しく追及されました。

おっしゃる通り、でもうまく説明つかないから言い出せなかったのだよ。

「ウチのバイクもご老体で労ってやらにゃあかんと思って…。」思わず、口にした理由にもならない説明に、

「ご老体はアンタでしょ。大体2台も持っていつ乗ってあげるの?」と家内。それは私も心配に思っているところで…。

もうほとんど、捨て猫を拾って帰った小学生みたいなしどろもどろな私。

ま、こういう通過儀礼を通って、晴れて1台の原付が我が家のガレージに治りました。

実際乗って帰ってきた時の感想は次回にでも。

 

あと今回買ったバイクは上がりバイクじゃないですからね(ここ重要)

R100も行けるところまで乗ってやりますよ。キャブセッティングの顛末も書かなきゃですね。