TANDEM STEP

ウカウカしてると梅雨が来てしまいそうです。どこか行きたいなぁ…

サブメーター?

ハンドルポスト付近に取り付けているサブメーターです。

f:id:y-tao:20191113194910j:image

何の事ない随分以前に使っていたiPhone5s(Softbank)の再利用ですけど。

ルートをしっかり決めて行くようなツーリングの場合はGARMINGPS(zumo660)を使用していますが(これも随分と古式ですが、一応2017年の地図が入ってます)、近場でよく見知ったような場所に行く場合は、もっぱらこちらのiPhone5sを取り付けて使っています。

メインの用途は、写真でデモ画面を表示しているPLX社の空燃比計(Multigauge Link)で、あとはその時の気分でスピードメーターやオフラインのナビなどのアプリを起動しています。あと自転車の場合はRunkeeperなどのサイクルメーターに、普段使いでは音楽の再生ですかね。

随分と古式の携帯ですが小ぶりな大きさが気に入ってます。容量が16Gしかないので、もうちょっと容量の大きいiPhoneSEあたりに買い変えたい気分もしますが(最新のOSも走るしね)、いずれにせよ古式ですね。来年あたりiPhone SEの後継機が出るとの噂もありますが、できるなら同じようなサイズでまた出してほしいなぁ(噂ではiPhone 8のケースを共用らしいですね)。

脱線しましたが、今回はこのサブメーター(笑)に表示している空燃比計について。

f:id:y-tao:20191113202629j:image

Bluetoothで本体のコントロールボックスから携帯のアプリに信号を飛ばしているのですが、しばらく前から携帯に表示されたメーターはRichを示したままで全く動きません。

前回センサーを交換してまだ3000㎞も走ってないので、センサーの劣化にしてはちょっと早いです。ただ、前回購入したセンサーは中国製の怪しい互換品(2800円くらい)で、到着時点で再生品かと思うくらい薄汚れ、取り付けると既にレスポンスもイマイチでした。まさに安物買いの銭失い、というヤツ。

電圧の表示はちゃんとできてるようなので、これは完全にセンサーが逝ったな、と思いセンサーを買い替えることにしました。とはいえ新品の純正品(BOSCH製)は1万円近くします。そこで今回もケチってAmazon経由でOEM品を購入しました。約3900円と若干お高くなってます。

f:id:y-tao:20191113202755j:image

届いた商品の梱包を開けると、おおっ、ちゃんとBOSCHの箱に入ってます(本物かどうかはまた別の話ですが)。本体にもちゃんとGermanyの刻印もあり(Made inとは書いてない)、なんか見た目もシャンとしているような気がするのは気のせいか…。まぁ箱代が1000円ということもないだろうと思いつつも、早速、エキパイを外し、集合部分に溶接したボスのねじ込んだセンサーを交換しました。

ハーネスにつないで意気揚々とIgキーをひねると…、相変わらずRichのまま動作しません…。なんでだ。

そこでセンサー>ハーネス>コントロールボックスと順に確認していくと、ハーネスとコントロールボックスをつなぐコネクターで配線が一本断線していました。原因はこれですね。

f:id:y-tao:20191113203009j:image

ネクターの端子に配線を、念入りにはんだ付けしてもう一度つなぎなおすと、今回は無事作動しました。新品のセンサーだけあってレスポンスも良く、暖気をすますと、ほぼ狙ったあたりの値に落ち着きました。私の感覚も度外れてなかったようで安心しました。

f:id:y-tao:20191113203022j:image

この週末は用事が立て込んでいたので、とりあえずここまで。来週末は近場で良いので試走と行きたいもんです。めっきりと寒くなってきましたが、銀杏も色づいてきれいですしね。