TANDEM STEP

週末限定、3時間ライダー。

梅雨寒

日曜の朝、夜半の雨で所々道路が濡れているものの、何とか天気は回復傾向の様子。午前中にリターンライダーA氏を誘い、プチプチツーリングに出かけてきました。

Aさんはバイク購入後、週末毎に近所を徘徊しているそうですが、土地勘がないのでまだ遠出はしてないとのこと。いきなり距離を走るのも不安らしいので、R20で相模湖に抜け、上野原の手前から山中を走り道志道に出るといういつものお散歩コースを走ることにしました。その後宮ヶ瀬湖によってオギノパンで揚げパンを食べ、津久井湖によって帰ると約100km。
私はもっぱらソロをマイペースで走ることが多いのですが、たまに仲間内のマスツーリングに出かけるときは、結構先頭を走ることが多いです。ただメンバーのほとんどが20年以上の付き合いで、相互に技量も性格もわかるので、さほど後ろは気にかけずやっぱり気ままに走っています。よくコースミスもするし…。
今回のように走行キャリアがほとんどない人の前を走るのは、長くバイクに乗ってますが初めてに近いかも。
後ろを伺いつつ、濡れた路面とすれ違いの対向車にドキドキしながらソロリソロリと走ります。私が若造の頃、あちこち引っ張りまわしてくれた先輩方はどんな気持ちで前を走ってたんだろう。
同行者がいるのも楽しいモンで、あっという間に100kmが終了。唯一不満だったのは、朝方ものすごく寒く、いつもよりトレーナーを一枚余計に着込んで行ったにもかかわらず、寒くて手がかじかみ、足に震えがくるほどだったこと。路面標示は20度弱でしたが、体感的にはまるで10月下旬の寒さでした。暖を取ろうと宮ヶ瀬湖の自販機で暖かい飲料を探しましたが、どれもコールドばかり。そりゃそうか、もう6月も中旬だもんな。

寒さを除けば、Aさんにも満足してもらえたみたいで、次回は7月にもっと長い距離走って温泉に行こうと約束し、プチプチツーリングは終了しました。
Aさんは早くも250ccを非力に感じ、限定解除に興味が湧いてきたようで、ますます泥沼にハマった様子。予想通りというか、狙い通りというか…。
さて次はどこ行こうかな。この沼はハマると相当深いですよ。