TANDEM STEP

寒くなってきたので、冬眠中…⁉︎

GPSが壊れた、買換えどうしよう

バイクに使用しているGARMIN社のハンディータイプGPS、etrex30の電源スイッチが壊れました。
厳密には電源ボタンのゴム製カバーが破れて取れてしまい、棒など突っ込んで押さないと電源が入らないのと、何より防水が効かないのが困ります。

コンパクトでバイク、自転車、徒歩と、用途を選ばず使用できたので、4,5年前に購入して以来、気に入って愛用していたのですが、そろそろ買い替え時なんだと思います。そこで、買い替え候補をあれやこれやと、この数週間悩んで(楽しんで)ました。
買い替えモデルの選択に当たって、etrex30の利点と欠点を以下まとめます。
【利点】
1.防水、防塵(IPX7)。雨中走行くらいでは問題なし。
2.電源が単3電池2本で16時間程度持ち、日帰りツーリング程度なら問題ない
(仮に電池切れで予備の電池を持っていなくても、コンビニで入手可能)
3.コンパクトで、バイクを離れる時も取り外してポケットに入れて持ち運びOK
4.ルートラボやグーグルマップなどで事前にルートを作り、.gpx形式でマイクロSDメモリ経由で取り込ませて、経路として使用できる<私の使い方では、実はこれが一番重要
5.OSM(Open Street Map)というフリーの地図が使用できる
【欠点】
1.画面が小さく、表示される文字も小さい。最近は老眼が進み、かなり見づらくなってきました。
2.操作性が悪い。サイドのボタンでの拡大、縮小とメニュー表示。実際の操作は表面のジョグボタンでおこないますが、走行中に操作ができるのは、サイドの画面の拡大、縮小くらいまで。ジョグボタンは、走行中グローブを付けた状態では誤動作が多くまず無理。
3.ナビ機能はあてにならない。海外版の並行輸入品について、日本語フォントを入れ日本語が表示できるようにしたものなので、日本語での目的地案内はまず無理。

私のツーリングは目的地を決めて移動というよりは、走りたい道を決めてつなぐといった感じなので、ナビ機能の必要性は低く、事前にパソコン等で地図が取り込めること、あと画面が大きくて操作性の良いタッチ式の画面のモデルが、買い替えモデルの購入条件でしょうか。あと一番重要な条件を忘れてました。予算4万円で収まる範囲で…。
となると選択肢は狭まってきて、GARMIN社ならmontana、oregonの一つ前のモデルでまだ新品で購入可能なもの、もしくはetrex touch35あたりの海外版を、ebayなどで物色してました。

こちらはetrex touch35、今使ってるetrexの後継機種でタッチパネルを採用したもの。ebayで探せば送料込みで3万円弱、ただし海外版。国内モデルだと64,800円(ガーミンジャパン調べ)で、軽く予算オーバーですね。
さぁ、どうしよう(続く)