TANDEM STEP

寒くなってきたので、冬眠中…⁉︎

ブルートゥースレシーバーの導入、10年以上前に買ったCDを聴いた

週末、AMAZONに注文した商品が届きました。

TaoTronics社のBluetoothレシーバーTT-BR06とAudio-technica社のオーブン型オンイヤーヘッドホンATH-EQ300M、の2点。
バイクに乗車中、携帯やナビの音声を聞けるようにしたいと思い、ネットで探してみました。サインハウスのB+comとか、DAYTONAの聴くだけブルートゥースなどが有名どころのようですが、聴くだけに特化して、安く手軽にできないか検討した結果、先の2点に決めました。
ブルートゥースレシーバーは安価なものが各種出ているのですが、バッテリーの持ちを重視しました。購入したTT-BR06は2系統の機器が接続でき、充電2時間で15時間使用可能。USB電源で充電しながらも使用できるということなんで、出先で電池切れしても、最悪車載のUSB電源やモバイルバッテリーににつなげればOK。2000円を切る値段も魅力的です。
Audio-technicaのヘッドホンは、ヘルメットへの流用では定番品の様です。ネット情報によると、薄く小さいのでヘルメット内に装着するには最適で、しかも1000円程度で音質もそこそこ悪くないとのこと。
早速、ヘルメット装着時の耳のあたりを小加工してヘッドホンを取り付けました。ブルートゥースレシーバー本体はサイドにマジックテープで張り付けました。

実はこのレシーバー、マイク機能もあり通話も可能なのでヘルメット内への装着も考えたのですが、操作性を優先してこの位置に決定しました。本体が軽くて小さいので、まず落ちることは無さそうです。
部屋の中でヘルメットをかぶって視聴したところ、密封性が高いこともあって、私には十分な音質。あとは走行中のロードノイズや風切音などで、ちゃんと聞き取れるかですね。それはバイクが動くようになったら実地テストするとします。それまでレシーバーは4輪のカーオーディオにつないで、iPhoneの音楽再生用に使おうと思います。
しかし、10年以上前に買ったCDを聴いて見たけど、なんか盛り上がらない。感性も鈍くなってきてんのかなぁ...。