TANDEM STEP

リターンライダーちょい古バイクでアソブ。

ノーマルマフラー

猛烈に暑い週末でした。
土曜の炎天下、冷房の効いた部屋で時折休みながら、マフラーとエアークリーナーボックスを元に戻し、早速日曜の朝に走りに行きました。

エンジンをかけると、ノーマルマフラーは記憶よりも大き目で歯切れの良い音。ただ、アクセルをあおると、ドルルン、ドルルンと、ちょっと鈍重で、カブをそのまま大きくしたような感じ。それでも、走る分にはスムーズに吹け上がるし、アクセルのツキだって悪くない。ノーマルの弁当箱の恩恵もあってか、低速でのトルクも太く、今日走ったような1.5車線のくねくね道などは、かえって乗りやすく思えるくらい。マフラー、シート、そしてリヤのテール周りと、かなり重量増のはずですが、走り出すと軽快で扱い易く、一人でニンヤリするくらい楽しい。今までの魔改造はなんだったの?という思いがちらっと心をかすめたのですが、それはそれ、これはこれ…。
キャブセッテイングは現状からエアスクリューを3/8~半回転開けたくらいの小変更でちょうどいい感じでした。マフラーをノーマルに戻したのでA/F計のセンサーがなくなり、ただの電圧計になったので、普段見ていない走行中の電圧を確認しました。アイドリングでは12.8V前後で振れ、走行中は常に13.8〜13.9V。暑い中、せっせと熱を排出してるんだねぇ。ご苦労さんです。

お盆休みの後半、車検の予約をいれました。休みの前半は孫見せ興業で実家に戻るので、あとは11日の空いた時間に前後ブレーキの清掃・油脂交換と、簡単な洗車をして車検に臨もうと思います。前回は光軸で少々手間取りましたが、今回はどうなることやら…。