TANDEM STEP

タンデムステップは必要?必要で無い?

タイヤについての考察〜単なる優柔不断なオヤジの気の迷いとも言う

ようやくスリップサインが出てきたフロントタイヤ。月末のツーリングに向けて交換しようかどうしようか逡巡してマス。

f:id:y-tao:20170512230102j:image

このバイクを入手して早5年。その時に新品で入っていたマカダムだが、前オーナーはしばらく乗らずに寝かせていたということなので、実際いつからこのタイヤが入ってるのかわからない。実際ネットで調べると6,7年前には終売になっているらしいので、賞味期限どころか品質すら危うい状態だろう。途中2,3年、仕事やプライベートの関係で乗れない時期があったとはいえ、いかにバイクに乗ってないかがよくわかる。

タイヤサイズはF:90/90-18、R:120/90-18(リムサイズは前後とも同じ2.5)と、今時そんなタイヤあるのかというくらい前時代のサイズ。実際ネットで調べると、前後同じ銘柄でそろえるとなるとかなり選択が限られてくる様子。

せめてワンサイズ上げてフロントを100/90くらいにすると、もう少し選択幅も広がるんだろうが、今付けているフェンダーはクリアランスが無いので多分無理。リヤも片持ちのせいでサイズを上げるのは無理そう。ただでも台形減りしたタイヤなので、扁平率も下げたくない。

ということで、適合サイズがあるのは、国内ではメジャーなところでダンロップのアローマックスGT-601、ブリジストンのBT-45(V)、海外ではミシュランのPilot activeかメッツラーのLasertecといったところ(コンチからいいタイヤ出てるらしいけど、こいつはバカ高いのでパス)。このうち、取り寄せはもう時間的にきついと思うので、在庫があるのは国産のバイアスタイヤなんだろうなぁ。

BT-45は若い頃に別のバイクにつけて、つけ始めはオールラウンダーかつグリップも悪くないバランスのとれた良いタイヤだけど、すぐにフロントのサイドが段減りしたイメージがあるのでパス。どうもBT-45は車体によってはR100の持病であるウォブルが出るらしい!?

アローマックスは、現行品の発売が最後発ということで、性能的には期待もてそう。サイズアップは無理でもリアのサイズを4.0に下げてTT100GPという手も有りかな。リムの適合サイズは2.5なので、タイヤの形状的に推奨リムサイズが2.15の120を履くより良いのでは?どうせ、端まで使えないのだし。

というわけで、今週末に近所の用品屋に行って、ダンロップのアローマックスかTT100GPあたりで在庫があれば交換しようかな・・・。

#取り寄せで予約をすぐに入れないあたりが、まだ踏ん切りがついてない証拠ですな。

さて、どうなることやら。