TANDEM STEP

リターンライダーちょい古バイクでアソブ。

アルミトップブリッジの装着

三連休の最終日。夕方に少し時間が取れたので、朝の続き。

ブレーキキャリパー、ホイール、フロントフェンダーと取り外し、フォークをフリーにした後、三又のアンダーブラケットのネジを外すと、こちらもかなりタイト。クランプ部にマイナスドライバーを叩き込むとフォークがするっと抜けました。

そこでアルミトップブリッジのクランプ部にもマイナスドライバーを叩き込むと、何とかフォークが入ってくれました。かなり粗っぽい作業だけど、こうなったらもう後には引けない。

 f:id:y-tao:20160719233832j:image

ハンドルを合わせて見るとなんとか形になりました。

あとはブレーキラインの取り回しと、ヘッドライト、メーターの取り付けといったところか。

手元も大分暗くなり、時折顔をのぞかせる家内の顔もだんだん険しくなっていくので、作業はここで中断。残りは来週末…ですね。

ところで疑問が一つ。このフォーク、トップボルトはねじ込み式でなくて、cリングで止めているだけ。

ノーマルはこれをプレートで上から押さえつける形になってますが、今回購入したトップブリッジのように貫通式にすると、上から押さえつけることができません。

これって強度的に大丈夫なんだろうか?

走ってる最中、トップボルトが飛び出たりしないだろうなぁ。

あと、想像以上にハンドルのタレ角が大きくてかなり乗車姿勢がきつそうなのと、これだとこけたらタンクベッコリですね。

ハンドルも再考の余地がありそうです。クランプ式は捨てがたいけど…。