TANDEM STEP

リターンライダーちょい古バイクでアソブ。

たかが0.1mm

せっかくの三連休、バイクは不動状態。

いじる時間も無し。最終日こそなんとか形にしようと作業を進めます。朝6時にスタート。

まずサブフレームを取り付けて、シートを付ければ取り敢えず形になるのだけど、

以前よりやりたかったセパハン化&トップブリッジの交換に取り掛かります。

取り付けるハンドルはこちら。

 f:id:y-tao:20160718095836j:image

某オクで落札したサンセイのセパハン。クランプ式なので、後々交換したくなった時に楽チンです。クランプ径は39mm。フォーク径との差0.5mm。

一緒に転がってるのが、昨日家族が寝た後に夜なべして作ったカラー。0.3mm厚のアルミ板を切り出して作ったものと、缶ジュースの空き缶を切り出して作ったもの。フォーク径が38.5mm、こんな径のハンドル売ってんのかね。

純正のトップヨーク(ただの板です)を外し、ハンドルを仮装着。

やはりカラー無しだと固定は難しそう。そこで0.3mmのアルミ板を挟み込むと、今度は径が足りなくなる。

結局空き缶を切り出した薄板がベストでした。たかが0.1mmなんですけどね〜。入らないものは入らない。たまたまあった75ml三ツ矢サイダー飲みきりサイズ、ラッキーでした。

#注意:その後実際に組むと、右側については問題ないけど、左がしっかり固定されてない。結局、缶を切り出したのは却下して、0.3mmのカラーを使用した。特に問題はなさそうです。

 

 f:id:y-tao:20160718100054j:image

次に社外品のアルミ削り出しトップブリッジをつけようとして、ムムム。入らんっ!

かなりクリアランスを詰めて作ってあるのか、それともフォークが歪んでいるのか…。

後者はあまり考えたくないなぁ…

ここで、嫁さんから子供がぐずってると呼び出し。

まともや中途半端な状態で中断なのです。